口臭予防完全攻略

朝起きると口の中がネバネバで嫌な臭い、タバコを吸った後や仕事中にふと口を手で覆って自分の口臭を嗅いでみるととても人前で喋ることができない嫌な臭いがしている、そんな経験があると思います。

 

口臭がキツくなる原因は実に様々あり、その主な原因は口内にあります。

 

朝起きると口の中が嫌な臭いなのは、就寝中は唾液の分泌量が抑えられ、口内は乾燥状態にあるので口内細菌による繁殖が盛んになるからです。

 

唾液は口臭予防に効果的な自己免疫の一つですが、口で息をして口内が乾燥していたり、水分を摂らずに作業に集中していると唾液の分泌量が落ちてしまいます。それが口臭が臭くなる原因となるのです。

 

他にも虫歯菌や歯周病菌が出す臭いも嫌な口臭となります。

 

歯周病に至っては40代の8割が罹っているということもあり、年齢が進むにつれて口臭予防というのはとても大切になってくるのは身をもって体感することだと思います。

誰でもすぐできる!口臭予防方法とは?

1.ガムを使って口臭予防

ガムを噛むと、唾液の分泌が促進され、口内の細菌の繁殖を抑えることができます。

 

そしてガムによってはフラボノイドやクロロフィルの成分が配合されており、この2種の成分は消臭効果があるのでニオイの元に働きかけます。

 

虫歯や歯周病予防にもなる成分を配合しているガムもあるので、成分表を見ながら口臭予防の効果が高いガムを選んでみましょう。

 

参考記事 ⇒ 口臭予防ガムの正しい選び方!おすすめのガムはどれ?

 

2.正しいうがいで口臭予防

うがいは風邪やインフルエンザ予防ではと思われがちですが、食後にすることで食べかすを除去できたり、お茶や重曹を含んだ水でうがいすることでニオイを抑える事もできます。

お茶に含まれるカテキンは口内細菌の繁殖を抑えますし、重曹は口内細菌が繁殖しやすい酸性の環境を弱アルカリ性に変えてこれまた繁殖を抑える役目を果たします。

風邪やインフルエンザの予防であれば喉をうがいするガラガラうがい、口臭予防であれば口の中全体をうがいするくちゅくちゅうがいをしましょう。

参考記事 ⇒ 家庭のあるものですぐできる!口臭予防に効果的なうがい方法!

 

3.口臭予防におすすめの食べ物

にんにくのような口臭がキツくなる食べ物もあれば、口臭を抑える食べ物も存在します。

 

ヨーグルトやキムチ、漬物といった発酵食品は乳酸菌が豊富に含まれており、乳酸菌は口臭の原因菌や虫歯菌の増殖を抑えます。

 

口内細菌は酸性になると活性化するので、アルカリ性の食品を摂れば活性化を抑えることが可能です。

 

酸性食品は主に肉や魚、卵や穀類が挙げられます、逆にアルカリ性の食品は野菜や海藻類、きのこ類等が挙げられます。

 

酸性の食品ばかり口にすると菌が繁殖しやすくなる環境になるので、バランス良くアルカリ性の食品を摂り入れる様にしましょう。

 

 

参考記事 ⇒ 口臭予防でおすすめの食べ物は?口臭は腸から治しましょう!

 

 

口臭予防をしてくさ~い口臭とおさらば

口がクサイと言われない為には日頃の口腔ケアが非常に大事になってきます。

 

口臭がキツいだけで大事な営業の交渉決裂、パートナーとのコミュニケーションが疎遠になることが実際にはあります。

 

口臭は悩んでいるだけでは絶対に改善しませんので、1つずつ出来ることから実践していきましょう。

 

参考記事 ⇒ 口臭予防方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ