口臭予防でおすすめの食べ物は?口臭は腸から治しましょう!

口臭の原因は腸内環境にある!一般的に知られていない口臭予防法とは?

口臭が嫌な臭いですとそれだけで周りの人から避けられる対象とされます。

それだけは避けたいのですが、躍起になって口の中だけを改善しようとしていませんか。

確かに口臭を抑える事を考えた時には歯周病や虫歯、口内細菌の繁殖により嫌な臭いは発生しますが、実は腸内環境が良くない時にも口臭がキツくなるのです。
まず考えられる原因は便秘気味の方です。

便秘になると腸内に宿便が溜まってしまい体内で作られた老廃物や腐敗物を体外に排出することが出来なくなります。

そうすると腸内で悪玉菌が繁殖してしまい、老廃物や腐敗物から発酵ガスを産生してしまいます。

 

そのガスは、血中に溶けるものや肺に巡り口臭として出てきてしまうものつまり口からも身体からもクサイ臭いを放つようになるのです。

腸内環境を整えると言うことは、口臭もキレイにするという事でもあることを知っておいてください。

 

悪玉菌を減らすことで口臭を改善

腸内にはびこる悪玉菌を減らす事で、腸内に溜まってしまった老廃物や腐敗物の発酵を抑える事が出来ます。

悪玉菌を腸内から完全に滅菌することは不可能ですが、バランス良く悪玉菌を減らす事で口臭を抑えていく事が可能です。

悪玉菌が減るということは善玉菌が増えていく環境になるので、便通が良くなったり、代謝が上がったりと口臭だけでなく身体にとっても良いことが起こります

 

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす行動を心がけていきましょう。

善玉菌を増やすたべものは?口臭予防におすすめの食べ物はコレ!

1. ヨーグルト

ヨーグルトは善玉菌を増やすのにはもってこいの食べ物です。ヨーグルト内には乳酸菌が多数存在しており、この乳酸菌は腸内環境を整えるのに効果的です。

2. 食物繊維を含む食べ物

食物繊維は体内では吸収されない成分ですが、有害物質を吸着・善玉菌の活性化と言った機能を持ち合わせています。便秘解消の為に食物繊維をたくさん摂ろうというスローガンもこの効果が実証されているからなのです。

3. 漬物

実は漬物も善玉菌を増やす食べ物とされています。

発酵された食べ物は乳酸菌が多く、腸内を酸性にして悪玉菌を撃退する効果があります。悪玉菌は実は酸性に弱く、善玉菌は酸性になると活性化するのです。

古くから愛されている漬物には愛されるだけの理由があったのです。

 

まとめ

善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことで口臭予防につながる一見遠いようで密接した関係を持っている内容を紹介しました。

乳酸菌の仲間には口内で歯周病菌の繁殖を抑えるLS1と呼ばれる菌も発見されるなど、まだまだ有用性に富んでおり、研究が盛んに行われています。

口内の口臭原因菌を減らし、腸内の臭いの原因菌を減らす為に日頃から善玉菌が増える食べ物を口にしていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ