口臭予防におすすめの歯磨き粉の選び方!どんな成分が良いの?

口臭予防に良い成分とは?歯磨き粉の成分を研究してみました

どれだけ気にしていても気になるのが口臭の嫌なニオイですよね。

 

子どもには「パパの口クサイ」とストレートに言われてしまい、気にしている所にさらに突き刺さるような言葉を浴びせられてしまった日には立ち直れなくなります。

 

口臭を少しでも良くしようと口臭予防と表記がある歯磨き粉を探すとどの歯磨き粉にも口腔ケアなどと書いているのでどれを使っていいのかわからないと思います。

 

歯磨き粉に含まれる成分で口臭予防ができるのは、塩化亜鉛と呼ばれる物質です。

 

間接的に口臭を予防する成分も配合されているのが多数ですが、塩酸クロルヘキシジン、フッ素、塩化ナトリウムが挙げられます。

 

口臭予防に最適な成分が入った歯磨き粉を選ぼう!

口臭予防に一番効果を発揮するのが塩化亜鉛ですが、この塩化亜鉛は口内のニオイの素となる原因物質「揮発性硫黄化合物」の産生を抑制します。

 

塩酸クロルヘキシジンはマウスウォッシュにも使用されている事が多く、口内の消毒・抗菌作用に力を発揮します。

 

フッ素はフッ化ナトリウムやモノフルオロリン酸ナトリウムは虫歯予防のために歯磨き粉に配合されていることが多いです。歯の再石灰化を促進させることで歯そのものを強くします。

 

虫歯が何故口臭と関係があるかというと、実は虫歯自体からも嫌なニオイを発するため、虫歯が多い人は同様に口臭がキツくなってしまうのです。

塩化ナトリウムが使われる理由は歯周病予防です。

 

歯槽膿漏や歯周病になってしまうと、虫歯よりもひどいドブのようなニオイが口からするようになります。

 

歯周病予防は口臭予防に直結すると考えても間違いではないくらい重要な要素と言えるでしょう。

口臭予防におすすめの歯磨き粉はコレ!

私がおすすめできる歯磨き粉はGC社が販売しているブレスバランスペーストです。

 

この歯磨き粉は先程紹介した揮発性硫黄化合物の産生を抑制する成分塩化亜鉛を独自配合し、口臭を抑える歯磨き粉として歯科医が愛用している程の歯磨き粉です。

 

使ってみた所、歯磨きをした後に舌に残る若干のピリピリ感が嫌な私でも気にならない程の低刺激で、それでいて口の中は爽快になるというリフレッシュ効果も期待できる歯磨き粉でした。

 

さすがに永遠と効果は続くというわけではないですが、それでも普段使っている歯磨き粉よりもはるかに長い時間口臭が気にならないです。

 

実際に人に息を吐いて確認しましたが、このブレスバランスが長い間爽やかな香りをキープできるのが確認できたので、私はこの歯磨き粉をオススメします。

まとめ

口臭が気になる人でも実は歯磨き粉には重きを置いていなかったなんていう方も結構いらっしゃいますが、

 

歯磨き粉は口臭予防という観点で虫歯や歯周病も予防してくれる立派なツールだと思わなければいけないと思います。

 

口臭予防には是非歯磨き粉から替えてキレイな息で子どもにも嫌がられないようしっかりとケアしていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ